P1020725-01.png

女性ならではの視点で気分のアガる仕掛けやデザインをしていきたい

UI/UX デザイナー

Naruse

社員インタビュー 02​
​成瀬さん

株式会社スピカのUI/UXデザイナーである成瀬さん。
今回はスピカに入社することになった経緯を中心に、会社、業務、ご自身に関してお話を伺いました。

01 : 経緯

ー デザイナーになろうと思ったきっかけやこれまでの経歴を教えてください

もともと何かを作ることや絵を描くことが好きで、大学は芸術大学を選びました。
グラフィックやゲーム関係に興味があり、新卒でコンシューマーゲームの下請けを行なっている会社に入社し、グラフィックデザイナーとして1年ほど在籍した後に奈良のプリクラ制作会社に転職しました。

プリクラ内で使うスタンプや背景デザインおよびディレクション、外注先への発注、管理業務や印刷物の作成、新機能の企画・仕様決め、画面のUI制作、衣装スタイリング、モデル撮影のディレクション、ムービー制作など様々な業務を担当し、幅広い経験を積むことができました。

企画から携われる喜びがある

デザイナーとして基盤を築く中でウェブデザイナーとしての道に将来性を感じるようになり、東京のweb制作会社に転職しました。

受託のウェブデザインをはじめ、自社アプリの企画から開発まで携わり、ベトナムの開発チームとイラストと絵文字でのコミュニケーションでなんとかアプリ開発をしていたこともあります。

自社ECサイトの立ち上げにもアサインされ、ブランド名の提案〜ロゴ作成等のCI業務やオリジナル商品開発に伴ってパッケージデザインも任されていました。
会社が大きくなるとともに、デザインチームの立ち上げとマネージメント業務も経験しつつ、4年ほど在籍しています。

ここで受託制作に携わる中で、UIや企画まで手を入れないと良いものは作れないと感じ、上流工程をやっていきたいという気持ちが芽生えてきました。

その後、4社目の会社ではファッションのサブスクサービスにデザイナーとしてジョインし、サービスの開発・運用を担当することになりました。

UI改修や運用業務、営業と協力して広告のクリエイティブ作成などをルーチンとして回しながら、イベント運営や印刷物や梱包資材、ブランディング、ロゴ作成など幅広くデザインに携わっていました。

ー どういう経緯で転職先を探していて、スピカのどこに惹かれましたか?

前職の開発体制が変更になったこと、またサービス自身も諸々の事情で現状の体制での開発が出来ない事が分かり、転職を決意しました。 上流工程から業務に関わりたかったため、自社サービス開発であることを条件としていました。

これまで女性向けサービスに関わってきた経験が長く、やってても楽しかったため、女性向けサービスに携われる会社を探していました。

また、個人でアプリ開発などのプロジェクトに関わっていたこともあり、副業が可能でライフワークバランスがきちんと取れる会社がいいなと思っていました。

スピカは受託ではなく自社サービスなので企画から携われる喜びがあるので、これは受託業務に不満を抱えている人にとって大きなメリットかと思います。

02 : 会社のこと

ー スピカの印象は入社してすぐと今で変わりましたか?

入社してしばらくはUIのコンポーネント化業務をメインにしていたこともあり、他チームの社員と絡んだりすることはあまりなく黙々と作業をしていました。
今は新しく企画を進めるフェーズに入ったのと、他チームも人が増え、協力して業務をこなすことも増えたので、以前より和気あいあいと業務を進行出来ています。
定期的に行っているチームリーダー会で意見交換をしたり、他チームとやりとりが増えたのでみんなで同じ方向を向けているなと感じます。

ー スピカに入社してよかったことがあれば教えてください

職種に囚われず、自分のやりたいことをやっていける環境はやりがいがあります。 また、ユーザーとの距離感が近いのも魅力的です。
仲が良いネイルサロンのオーナーがいたり、CSの方々もユーザーの声を共有してくれるので、利用者から直接的な声が聞けるのが嬉しいです。

少人数の会社なのでフラットに他部署の方に相談できる環境もやりやすいです。
業務上困ったことやちょっとした悩みも気軽に相談できる環境だと思います。

代表が日本酒インスタグラマー(@sake_naname)なので、知識がなくても美味しい日本酒を定期的に購入できるオプションもあります!
専門知識を持っていたり個性的な社員もたくさんいて、面白いです(笑)
人間関係のゴタゴタもないので余計なことを考えずにサービスを良くすることだけを考えて業務を進められるところも魅力です。

みんなで同じ方向を向けているなと感じます。
03 : 業務のこと

​【タイムスケジュール】

AM 10:00

やることの確認

お問い合わせや数値に軽く目を通し、今週のタスクの整理を行います。

AM 11:00

チームMTG

数値の確認や各自のタスク、企画の優先度などをチーム全体で確認します。

PM 12:00

実装のテスト

エンジニアから戻ってきている仕様の確認も行います。

AM 1:00

お昼

PM 2:00

個別MTGやデザイン、企画業務

実装中の仕様について口頭でエンジニアとすり合わせしている時間も多いです 。

PM 5:00

カフェに移動

カフェでデザイン作業に集中。気分転換になります。

PM 6:00

退社

利用者から良い反応をもらえたときに一番やりがいを感じます。

ー 普段どのような業務をメインにしているか教えてください

企画立案~UI作成がメインになります。

ー 業務を進める中でどのような時にやりがいを感じますか?

利用者から良い反応をもらえたときに一番やりがいを感じます。

「この機能欲しかったので嬉しいです!」とネイルサロンが意見をくれたり、「ネイルブックいいよ」とユーザーが知り合いにおすすめしてくれるのを見かけると嬉しいです。


また狙っていた数値が上がっていく経過を見れることにもやりがいを感じます。

印象に残っているのは、自身で企画した【お礼機能】です。
ネイルサロンから「お客様に喜んでもらえました」「すごく良いです!」というお声をいただいたり、良い反応をたくさんいただけました。
口コミの数が増加したのも確認できたので、やってよかったなと思います。

ー 業務を進める中で大変なこと(葛藤)があれば教えてください

スピカではデザイナーとして一人でやってきたので、企画、開発、デザインに携わる中で進行状況によってスタックしがちなのが悩みです。
最近新しいディレクターが入社してきてくれたので、以前より少しづつスピーディーに進められるようになっています。
さらに新しいデザイナーが入社してくださったら、分担が上手くいき今より改善できると思います。

04 : あなたのこと

ー 働く上で大切にしていることを教えてください

自分の業務範囲はここまでだからと視野を狭めず、サービス全体としてできることを前向きに取り組んでいくことを意識しています。
サービスを運営する上で自分一人では限界があるので、チームの空気作りを心がけたり、誰かに頼ったり、気軽に頼られたりするような関係性を大事にしています。

ー 今後のビジョンを教えてください

デザイナーという枠に囚われずにサービス開発に携わり、お客様に喜んでもらえるようなサービスを作りたいと思っています。
機能や数値の面だけではなく、女性ならではの視点で気分のアガる仕掛けやデザインをしていきたいです。
また、お客様だけでなくチームで楽しいことをやろう!という流れを作っていける人になりたいと思っています。

チームで楽しいことをやろう!という流れを作っていける人になりたい